ホーム > 暮らしのガイド > 教育・文化・スポーツ > 文化・スポーツ > レ・コード館 > レ・コード館MAP > レ・コード ホール(Re・cord Hall)

ここから本文です

更新日:平成25年3月1日

レ・コード ホール(Re・cord Hall)

このレトロな雰囲気漂うスピーカーは、「究極のレコードサウンドの再生」をめざして、世界でも類をみない最高グレードのスピーカーシステムで、国内最大級の「オールホーンスピーカーシステム」です。

この「オールホーンスピーカーシステム」は長さが3.4メートル、開口部の幅は1.7メートルという巨大な低音ホーン(後の壁のように見えるグレーの部分)の中に、中低音・中高音・高音の3つのスピーカーユニットを組み込んだものです。圧倒的な迫力と臨場感はもちろんのこと、その巨大な外観からは想像もできないデリケートで優美な調べを再生することができます。

地盤から直接コンクリートで立ち挙げた基盤を持つプレーヤー、理想的な残響を持つリスニングルームとの相性も抜群。最高のサウンドを心ゆくまで堪能してください。

※再生するレコードの状態やジャンル、音の好みの個人差等によるところもございますので、すべてのお客様に対して最高音質を保障できませんのでご了承ください。

入場料は大人300円 他。詳しくは「入場料について」をご覧ください。

 

貸切使用のお知らせ

17時以降は貸切でご利用いただくこともできます。

  • 予約制で、1時間3,600円です(以後30分1,200円)。
  • 予約は使用日の3日前までにお願いします。
  • 利用時間は17時~21時まで。

レコードはあらかじめ指定していただきます。ご自分のレコードを持って来られてもかまいませんが、ご自分でレコードをかけることは出来ません。あらかじめご了承ください。オペレータがつきます。ぜひご利用ください。

 

 

大きさを実感して頂く為に、ガイドに立ってもらいました。

~DATA~

  • (高域) :GOTO SG-180BL Σ
  • (中高域) :GOTO S-600+SG-380BL Σ
  • (中低域) :GOTO S-150B+SG-580LB Σ
  • (低域) :GOTO SG-146LD Σ/特注ホーン
真空管アンプをなぜ使わないの?

メンテナンスの点から「半導体アンプ」を使用
しています。年間フル稼働のため、操作性、安定
性などを重視しています。最高音質にこだわって
設計されていますのでスピーカーとの相性もよく、
ほとんどのお客様に満足していただいております。

現在使用しているアンプは「Bryston 2B-LP」を
使用しています。

 

 


レ・コードホール正面に圧倒的な
存在感を誇るスピーカーシステム。


こちらは低音スピーカーの後ろ側です。


このレコードプレーヤーは
「Victor  QL-V1-MC」
33/45/78/80rpmに対応した特注品です。
(コロムビアの古い吹き込みの盤は
80rpmのものが多い。)

カートリッジは、「DENON DL-103」
を使用しています。
業務(FM放送局など)用として開発
されたため、安定性などが評価され
ているものです。

 

お問い合わせ

教育委員会 社会教育課 生涯学習グループ(レ・コード館内)

〒059-2402 北海道新冠郡新冠町字中央町1番地の4

電話:0146-45-7833  FAX:0146-45-7778

E-mail:record01@cocoa.ocn.ne.jp