ホーム > 暮らしのガイド > 健康・福祉 > 高齢者福祉サービスの案内 > その他の高齢者福祉サービス・事業関係

ここから本文です

更新日:平成29年2月16日

その他の高齢者福祉サービス・事業

緊急通報システム端末電話機設置事業

町長が設置の必要性を認めた単身高齢者世帯および高齢者夫婦世帯、単身重度障がい者世帯、その他高齢者又は重度障害者が同居する世帯で、緊急の連絡体制が必要と思われる世帯に緊急通報システム端末電話機を貸し出します。

高齢者等買い物支援事業

高齢による体力の低下や地域の商店の廃業等により、日常生活を維持するために必要な買い物が困難となっている高齢者等の世帯に対し、新冠町商工会が行う高齢者等買い物支援事業「らくらく・にいかっぷ」へ町の福祉施策として支援します。(食料品等の受注宅配事業)

事業概要ちらしPDFファイル(983KB)利用者登録票PDFファイル(42KB)

家族介護用品支給事業

町内に居住して、要介護4又は5と判定された在宅高齢者を介護している同居の家族に対して、介護用品(紙おむつ・尿取りパット等)購入費として月6,000円支給します。

家族介護者リフレッシュ事業

町内に居住する要介護1から5と判定された在宅高齢者を介護している同居の家族に対し、要介護者のショ-トステイを活用することによる介護からの一時的開放による心身のリフレッシュ(元気回復)を図る経費として3泊4日分の利用者負担額を助成します。

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)受講費用助成事業

新冠町では平成29年度より、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級課程)を受講した町民の皆様へ受講費用の一部を助成いたします。受講された年度の3月31日までに申請願います。尚、助成金額は受講に要した費用の3分の2(上限額5万円)となります。

寿バス事業

新冠町に居住する75歳以上の高齢者に対し、道南バス株式会社が運行している定期乗合バスで、新冠町内区間および新ひだか町静内駅・厚賀間の乗車料金全額を町が負担します。

寿入浴事業

新冠町に居住する70歳以上の高齢者および身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人に対し、新冠温泉「レ・ コードの湯」の無料入浴券を年36枚まで交付します。

敬老事業費補助事業

各地区(自治会・自治会連合会)で75歳以上の高齢者を対象として開催される敬老会、記念品贈呈等の敬老事業に対して、1人当たり千円を助成します。

長寿祝金贈呈事業

新冠町に居住している100歳の高齢者に対し、「100歳の誕生日」に祝金5万円を贈ります。

社会福祉振興補助金

高齢者および重度身体障害者が、地域で人間らしい生活を続けることができるよう、大規模な住宅の改修に必要な経費に対し、介護保険並びに障害者自立支援法に定める地域生活支援事業からの助成に上置きして、予算の範囲内で助成します。(上限額は100万円までとしています。)
また、移動が困難な者が同乗する自家用福祉車の購入又は既存車輌の改造費用に助成します。(補助率は基準額の2分の1(上限額は30万円までとしています。)

ごみ処理手数料軽減対策事業(エンゼル券)

介護度1~5で常時紙おむつを使用する在宅高齢者に町指定ごみ袋を支給します。
※町指定ごみ袋年間30枚交付

老人クラブ活動支援

研修旅行、老人スポーツ大会、芸能発表会、交通安全活動等を行っている老人クラブ活動に対し、支援しております。

高齢者事業団

高齢者の知識や経験を生かし、社会参加を行うことを目的に活動します。

お問い合わせ

保健福祉課 保健福祉グループ

電話:0146-47-2113  FAX:0146-47-2496

E-mail:chouminfukushi@niikappu.jp