ホーム > 町政情報 > 施策・計画 > ふるさとづくり応援サイト > アナログレコード文化の保存・活用

ここから本文です

更新日:平成25年3月1日

アナログレコード文化の保存・活用

「20世紀の偉大な音楽文化であるアナログレコードを、世界的スケールでコレクションしよう」という壮大な夢から1991年からアナログレコードの収集、保存、活用する事業を行っております。
その時代時代に活躍した演奏家たちの名演奏、名曲そしてそれらの背景にある世相などをまるごと記録したレコードは、これからの音楽文化の発展には欠かせない情報が詰まった"音の遺伝子"です。
新冠町はこの貴重な文化そして資産をこどもたちに継承する保存、活用を行うための事業を行います。

音の遺伝子であるアナログレコードおよび資料の収集と保存

世界から収集したアナログレコードを耐震性と空調の整った専用収蔵庫に保管しております。

音の遺伝子のデータベース化

収集したアナログレコードの情報はデータベース化しており、収納しているレコード素早く探すことができます。
(現在、所蔵レコードの内、約3分の2がデータベース化されております。お探しの名盤、貴重盤も見つかるかも)

アナログレコード文化の普及啓蒙

蓄音機の三大方式の原器をはじめ、日本初のレコードや名演奏を記録し貴重盤、そして、世代を超えて親しまれる名曲の数々。これらを聴いて観て学ぶことができる聴体験ミュージアムでアナログレコード文化の普及啓蒙を行います。

音の遺伝子の再生

アナログレコードに録音された情報を100%再生させるため、世界最大級のオールゴトーホーンを備えた専用ホールで時空を超えた音像を再現しています。
さらに、ビクトローラーやEMジーンをはじめとする蓄音機でSPレコードも聴くことができます。

子ども達へのレ・コード&音楽文化との出会いの場の創造。

町では、子ども達へレコード&音楽の魅力を伝えるため小中学生主体のレ・コード館ジュニアジャズバンドの運営や幼児から高齢者までがメンバーのミュージカル劇団"市民劇団ど・こーれ"の支援。
そして昭和音楽大学との音楽を活用した各種体験事業や吹奏楽クリニックなどを行なっています。

 

アナログレコードの殿堂
レ・コード館ホームページへ

 

お問い合わせ

教育委員会 社会教育課 生涯学習グループ(レ・コード館内)

〒059-2402 北海道新冠郡新冠町字中央町1番地の4

電話:0146-45-7833  FAX:0146-45-7778

E-mail:record01@cocoa.ocn.ne.jp